おとのほそみち

行きかふ歌も又旅人也

【AOR】スティーリー・ダンのフォロワーたち #6       China Crisis「Diary of a Hollow Horse」1989

 

イギリスのポップ・ロックバンド、チャイナ・クライシスの5枚目のアルバム。
リリースは1989年である。

彼らの1枚目、2枚目は、シンセ・ポップ、エレクトロ・ポップであったが、3枚目の「Flaunt the Imperfection」で、ウォルター・ベッカーをプロデューサーに迎え、AOR色を濃くした。
いわばニューウェーブとAORの邂逅である。

1986年に4枚めのアルバム「What Price Paradise」をリリース。
前作が全体として穏やかな大人のサウンドだったのに対し、このアルバムはポップで陽気な印象だ。
しかしセールス的にはパッとしなかった。

で、5枚目の「Diary of a Hollow Horse」では、再びウォルター・ベッカーをプロデューサーに迎える。

全英9位を記録した3枚目の路線に戻し、再びチャート上位を狙ったのかもしれない。しかし残念ながら結果にはつながらなかった。

出来は決して悪くはない。
シングルヒットしそうなキャッチーな曲はないものの、3枚目と同様のニューウェーブ&AORな耳あたりのいい楽曲が並んでいる。

 

さて、このアルバム、オリジナル盤から20年以上を経た2013年にリマスター盤が出た。
「St. Saviour Square」
「Red Letter Day」
「All My Prayers」
のミックスが別バージョンになっていて“Original Walter Becker Production”と記されているのが興味深い。

この3曲、オリジナル盤でのプロデューサーはマイク・ソーンという人なのである。

ウォルター・ベッカーは、その仕上がりに納得しておらず、もともとやりたかったのは、2013年盤のバージョンだということなのだろうか。
経緯はよくわからないが、わざわざ名前を出して再リリースしたということは、それだけの思い入れがあったのだろう。

ちなみに2013年盤は2枚組で、マイク・ソーンがリリースしたオリジナルミックスは2枚目に収められている。
体よく脇へ押しやられた感が強い....

どちらがいいかは、好みの問題になってしまうが、この連載記事のテーマは「スティーリー・ダンのフォロワー」なので、“Original Walter Becker Production”の3曲を貼り付けておく。


Diary Of A Hollow Horse ~ Expanded Collector's Edition (2CD) [from UK]

Diary Of A Hollow Horse ~ Expanded Collector's Edition (2CD) [from UK]

  • アーティスト: China Crisis
  • 出版社/メーカー: SFE
  • 発売日: 2013/05/27
  • メディア: CD

 

#この項おわり