おとのほそみち

行きかふ歌も又旅人也

アル・ディ・メオラのビートルズカバー集がよい

 

 超絶テクニックで知られるジャズ&フュージョン系のギタリスト、アル・ディ・メオラが、ビートルズのカバー作品『Across The Universe』をリリースした。

彼のビートルズカバーは、これが2作目で、前作は2013年の『All Your Life: A Tribute to the Beatles』

そのあと、2枚のオリジナルアルバム『Elysium』(2015年)、『Opus」(2018年)を発表。

そしてこのカバーを出した。
おそらくは前のカバーの評判が良かったのだろう。

ビートルズの有名曲のカバーなんて、星の数ほど出ているわけで、ひねりや工夫に際立ったところがないと「何をいまさら」と思われがちだ。

しかしアル・ディ・メオラは、さすがのテクニックとアレンジで、ビートルズの名曲の数々に、新しい輝きを与えている。

なかでも聞きものは、「ゴールデン・スランバー~キャリー・ザット・ウェイト~ユー・ネヴァー・ギヴ・ミー・ユア・マネー」という、かの名作「アビー・ロード」からのメドレー。
情感豊かなギターの響きが、心地よい余韻を残す。

また、「アイル・フォロー・ザ・サン」にはランディ・ブレッカーがトランペットでゲスト参加して、ギターとの見事なからみを聴かせる。
さらに「オクトパス・ガーデン」ではディ・メオラの愛娘エヴァが3歳のときの歌声を加えて和ませるなど、必ずしもギターだけに頼らないアイデアが、効果的に散りばめられている。

超高速速弾きギタリストの印象が強いディ・メオラだが、音楽活動の原点にあるのはビートルズだそう。
「私がギターを弾く理由はビートルズがいたからです。彼らのインパクトは本当に大きくて、音楽を学びたいと思った大きなきっかけになりました」と語っている。

01.Here Comes the Sun
02.Golden Slumbers Medley
03.Dear Prudence
04.Norwegian Wood
05.Mother Nature's Son
06.Strawberry Fields Forever
07.Yesterday
08.Your Mother Should Know
09.Hey Jude
10.I'll Follow the Sun
11.Julia
12.Till There Was You
13.Here, There and Everywhere
14.Octopus's Garden

 

下の動画はダイジェストと「Strawberry Fields Forever」のフル

 

 

前作のカバーはこちら、

all your life

all your life

  • アーティスト:meola, al di
  • 発売日: 2013/09/13
  • メディア: CD

 01.In My Life
02.And I Love Her
03.Because
04.Michelle
05.I Will
06.Eleanor Rigby
07.Penny Lane
08.Blackbird
09.I Am the Walrus
10.A Day In the Life
11.Being For the Benefit of Mr. Kite
12.With a Little Help From My Friends
13.If I Fell
14.She'S Leaving Home

 

<この項おわり>