おとのほそみち

行きかふ歌も又旅人也


【JAZZ新譜】現代ジャズ界屈指のアルト奏者がヤン・ガルバレクをカヴァー A Glimpse Of The Eternal / David Binney Quartet (2022)

ア・グリンプス・オブ・ザ・エターナル / デヴッド・ビニー・カルテット

 

現代ジャズ界屈指のアルト奏者、デヴィッド・ビニー。

これまでにリリースしたリーダーアルバムは、30枚以上にもなるベテランだ。

ジャズという枠組みに囚われないスタンスの彼だが、この作品では、オーソドックスなワンホーンカルテットで、アコースティック・ジャズへの回帰ともいうべき演奏を聞かせている。

特にバラードの出来がよく、歌心に溢れたデヴッドのソロは圧巻。

収録曲の多くがオリジナルだが、ヤン・ガルバレクの「Blue Sky」、ラルフ・タウナーの「Ralph Towner」という、ECM勢のカヴァーが聞きもの。

特に「Blue Sky」での、ある種の神秘性を帯びたスケールの大きな演奏は、このアルバムの白眉だ。

 


David Binney (as)
Graig Taborn (p)
Eivind Opsvik (b)
Dan Weiss (ds)

 

<了>

 

このほかのジャズアルバム紹介記事はこちら