おとのほそみち

行きかふ歌も又旅人也

X JAPAN YOSHIKIとクイーン ロジャー・テイラーのコラボ曲「Foreign Sand」

 

これ、1994年の話なので、X JAPAN、Queenの若いファンの人はあまりよく知らないかもしれないので、改めて紹介。

 

「Foreign Sand」は、1994年6月1日にリリースされたYOSHIKIとロジャー・テイラーによるコラボ・シングル。

ロジャー・テイラーの3作目のアルバム『ハピネス?』に収録されている。

タイトルと曲はYOSHIKIで詩とヴォーカルがロジャー・テイラー。ドラムはYOSHIKIが叩いてるようだ。

Wikipediaによると経緯は次の通り

「ヴァージン・レコードの社長の紹介で1992年にロサンゼルスで知り合った二人だが、YOSHIKIが『Eternal Melody』の制作のため渡英した1993年にロンドンで再会。ロジャー・テイラーの自宅に招かれたYOSHIKIが人種差別をテーマとしたコラボレーションを提案した」

これが実現したわけだ。オリコンチャートでは13位まで上がっている。

この前後のロジャーの状況は、1991年にフレディ・マーキュリーが他界。92年に追悼コンサート94年にこのシングルとソロアルバムを発表し。95年にクイーンのラストアルバム『メイド・イン・ヘヴン』がリリースされている。フレディの早すぎる死という悲痛な状況のなか、かなり精力的に仕事をしている。悲しみを忘れるために仕事に没頭したのかもしれない。

 

曲はクイーンを思わせるドラマティックな展開。

作家としての能力はもちろんだが、天下のロジャー・テイラーを相手に、堂々とコラボして曲とドラムを引き受けるなんざ、よほどの自信がないとできない。

YOSHIKIという人は、まったくたいしたものである。


HAPPINESS?

HAPPINESS?

  • アーティスト: ロジャー・テイラー,YOSHIKI
  • 出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン
  • 発売日: 1994/09/21

 #この項おわり

スポンサーリンク