おとのほそみち

行きかふ歌も又旅人也

2018年 もっとも稼いだ女性歌手 1位はケイティ・ペリー、2位はテイラー・スウィフト

 経済誌「Forbes」が、2018年に最も稼いだ女性ミュージシャンのランクを発表している。対象期間は2017年6月~2018年6月。

1. Katy Perry ($83 million) $1=110円として約91億円
2. Taylor Swift ($80 million)
3. Beyoncé ($60 million)
4. Pink ($52 million)
5. Lady Gaga ($50 million)
6. Jennifer Lopez ($47 million)
7. Rihanna ($37.5 million)
8. Helene Fischer ($32 million)
9. Celine Dion ($31 million)
10. Britney Spears ($30 million)

f:id:bakoji:20181123110728j:plain

収入の多くはツアーからのようだ。
1位のケイティ・ペリーは2015年にも1位だった。返り咲きだ。
「WITNESS:THE TOUR」での公演数は80回に及ぶ。

2位はテイラー・スウィフト。昨年1位だった。
つい先日、日本でツアーを終えた「レピュテーション・スタジアム・ツアー」の日程の大半がカウントの対象期間外だった。それでいて2位というのが、むしろすごい。

3位以下も日本ではおなじみの名前が並ぶが、8位のヘレーネ・フィッシャー(Helene Fischer)はあまり知られていないかもしれない。ドイツの人気歌手で、主にヨーロッパで稼いでいる。

アリアナ・グランデ(Ariana Grande)が大規模なツアーをやっていたら、当然ランク入りしていただろう。

 

※写真はKaty Perryのオフィシャルサイトより

#この項おわり